はだしって気持ちいい! ~はだし運動で「頭がよくなる」~

普段の生活の中で、『はだしで過ごす時間』ってどのくらいありますか?
時代の欧米化により自宅に和室がない、家の中では靴下やスリッパを履いて過ごす、学校では上履きや体育館シューズを履く、など普段の生活で”はだしの時間”が少なくなったように思います。
 
とは言っても、我が家の子供たちははだしが大好きです。家に帰るとまず靴下を脱いではだしになります。はだしって解放感があって気持ちがいいですよね。きっとはだしが大好きなお子さんは多いと思います。
 
先日こんなニュースを目にしました。

 
「頭が良くなる」超簡単な方法 「はだし」パワーで成績16%アップ
「足の裏から健康に」と、子どもを庭などではだしで遊ばせる幼稚園や小学校は珍しくないが、このほど「はだしで走ると頭がよくなる」という研究がまとまった。
米のノースフロリダ大学のチームが、米の運動科学誌「Perceptual and Motor Skills」の2016年5月号に発表した。
 
バランスよく安全に走ろうと脳がフル回転する
研究チームは、18~44歳の男女72人の協力を得て、靴を履いた状態とはだしの状態で、それぞれ大学のグラウンドを自分の好きなペースで16分ずつ走ってもらった。そして、走る前と後にワーキングメモリーのテストを行ない、テストの成績がランニングの前後で変わるかどうかを比較した。
ワーキングメモリーとは、視覚や言葉で得た情報を瞬時に記憶し、その情報を使って与えられた課題を短時間でこなす能力のこと。最近、認知能力を測る基準として注目されている。たとえば、買い物リストを見せられ、買う品物と値段を覚える。次に財布の中身を知らされ、手持ちの金額を覚える。最後にスーパーの商品棚を見せられ、何と何が買えるかを数秒の間に判断する、といった問題が次々と出される。
テストの結果、靴で走った場合は、ランニングの前と後では成績にほとんど差がなかった。しかし、はだしで走った場合は、ランニング前より後の方が平均で16%も成績が向上した。ちなみに、ランナーの速度と心拍数も測定したが、走り方による違いはなかった。
はだしで走ったことが、脳の働きが活発化し認知能力が向上させたわけだ。
いったいなぜだろうか。研究チームのトレーシー・アロウェイ博士はこう説明する。
「私たちは、靴を履いている時は何も考えずに走っていますが、はだしの場合は、正確に着地してバランスを崩さないよう、また、地面の危険な物を踏んでケガをしないよう、注意深く集中して走ります。そのことが脳の記憶中枢を刺激したと考えられます。ワーキングメモリーを楽しい方法で向上させたい人々にはうれしいニュースです」
 

https://www.j-cast.com/2016/05/19267168.html  J-CASTニュース記事より引用 )

 

上記の研究結果が「はだし教育」の効果を科学的に裏付けていることになります。
小学校や幼稚園・保育園の中には「はだし教育」を取り入れているところもありますね。

 

はだしの良さはわかっても『外ではだしになって遊ぶ』というのは抵抗があるかもしれません。
私も【我が子が怪我をするかも】と考えると抵抗があり、心配です。
でも屋内で思いっきり走り回ることや大きく体を動かすことって難しいですよね。
 
外ではありませんが、その点、柔道は畳の上ではだしでおこないます。どんなに寒い日も畳の上で靴や靴下をはいて柔道をすることはありません。
広い畳の上で、大きく体を動かすことも走り回ることも可能ですし、外よりも安全です。
 

 
ちなみに、柔道場の畳は、家庭用のい草の畳ではなく、中身はクッション材、畳表は塩化ビニールレザーにエンボス加工(シボ)が施されており、体への衝撃を緩和してくれる柔道専用の畳が主流です。
 
 
柔道場なら、はだしで走り回っても、大きな運動をしても、体裁き(たいさばき)をしても安全性が高く安心して「はだし運動」を取り入れることができます。
また、はだしで運動をすることで脳の活性化、認知機能の向上も期待できるようです。
 
 
志道館フリースクールクラスでは、「柔道」稽古のあとに「勉強」をします。
柔道の稽古で脳を活性化させてから勉強をすることで、学習力の向上も期待できるということですね。
 
志道館の柔道場に「はだし運動=柔道」をぜひ体験しにきてください!
 
 
 
 
 
 
野尻 麻実
 
 
 
 
 
 

Follow me!

基礎体力・心・学力を高めるフリースクールクラス

文武一道塾志道館の中高生不登校児・引きこもりの若者向けの柔道プライベート稽古クラスです。
身体と心の両方で、子ども達が自分の人生を自信を持って歩み、将来世のため人のために自分の力を使うことができる人になるサポートをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA