①開講場所

文武一道塾志道館 港南道場

詳しいアクセスはこちら

②カリキュラム・1日の流れ

曜日火曜日〜金曜日
1日の流れ10:00開館
10:30〜12:00 柔道
12:00〜12:10 実語教素読
12:10〜12:30 道場清掃・着替え
12:30〜13:00 昼食・休憩
13:00〜14:30 学習時間
(学習時間終了後 帰宅)

※柔道稽古時間は、体力や当日の体調を考慮し調整致します。

実語教ってどんな古典なの?

山高きが故に貴からず
樹有るを以って貴しとす

で始まる「実語教」は“日本人千年の教科書”と呼ばれ、平安時代から子ども達の初等教育に用いられてきました。
親に感謝すること・目上の人を大切にし年下には優しく接すること・物の善悪・志を立てて学ぶこと等々人として大切な生きる智慧が29項目に渡り記されています。
柔道の稽古後にはこの「実語教」をみんなで素読(そどく)します。
“古典の素読”という学習方法は、江戸時代の寺子屋教育に取り入れられていた「人間性」を磨くための教育手法です。

脳活動が活発になるばかりでなく、脳の同期を促し、一体感を育む効果や、コミュニケーション能力を育てる上で、素読が大いに役立つ、と言われています。
また、一日に10〜15分の素読を行なうと、記憶力がよくなるばかりでなく、抑制力・創造力・論理的思考力が伸び、脳の前頭前野の両側の体積が増えていることが証明されています。

『志道館五訓』に込めた思い 

『志道館五訓』には、古典「実語教」で説かれている
“人が生きていく上で大切な教え”が凝縮されています。

  志道館五訓  

一、      親に感謝しよう
一、      志を立て学び続けよう
一、      相手を思いやる心を持とう
一、      覚悟を決めてやり遂げよう
一、      世の役に立つ人になろう  

情報量が多く、多様な価値観が存在する現代社会だからこそ、「人間としての根を張っているか」、ということがとても大切です。
【志道館五訓】の教えは、人間としての根っこであると考えています。現代社会を生きる子供たちが根っこを深く深く伸ばし、将来「世の役に立つ人になる」これこそが、文武一道塾 志道館の願いです。

③ 対象

小学校4年生〜高校3年生までの不登校児

「不登校問題に関する調査研究協力者会議(2011文部科学省)」によると、「不登校児の中で発達障害の割合は3割強。グレーゾーンを含めるとさらに増える」と言われています。

私たちは、中里文子先生(臨床心理士)のもと子どもの特性を正しく理解し、子ども達一人一人に合わせた支援を実行し、サポートを致します。

④料金体系

(表示料金に別途消費税が掛かります)

入門料60,000円
(家族カウンセリング料・柔道着代・実語教代を含む)
週2日間コース80,000円
週3日間コース100,000円
週4日間コース120,000円

⑤学習面もしっかりサポート!

館長・坂東

学習面のサポートも充実しています。

柔道稽古後は、昼食を挟み勉強に取り組みます。

小学生は算数・国語を中心に基礎学力向上を目指します。

中学生は高校受験合格を、高校生は大学進学を見据えた学習指導をいたします。

学習時間の監修

教材の選定や学習の進め方等は青沼隆先生(伸栄学習会塾長)にバックアップしていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください。03-5931-3981【受付時間】平日 10:00〜20:00

お問い合わせ